« | »

2012.07.25

SIM下駄でSoftBankのiPhone4をdocomo回線で使うことにしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SIM下駄でSoftBankのiPhone4をdocomo回線で使うことにしました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

docomoのSIMも無事MicroSIMになったので、いよいよSIMロック解除下駄、GEVEY Ultraを使いdocomo SIMで使う事にします。iPhone4はこの日に備えて?iOS5にせず4.3.3のまま。
(脱獄もしてません)

AmazonでGEVEY Ultraは入手済み。
複数のショップから出品されてる上に値段が倍くらい違うので迷いましたが、偽物が多いことと、Amazonの商品説明が「GEVEY日本代理店」のものであることを考えて安全牌の「GEVEY日本代理店」で購入。

geveyultra_01
geveyultra_02
届いたGEVEY Ultra。本物か偽物かどうかは分かりませんが、チップが小さくなってSIMに削り加工をしなくて良い新タイプ。
SIM加工するとSIMスロット形状によっては他の端末で使う時に不具合が出る可能性があるということなので導入に二の足踏んでたんですが、いつの間にやらSIM加工が不要になったみたいだったので導入決意した次第。

geveyultra_03
勿論ですがピッタリ。
Softbankの黒SIM、店頭で入れてもらって以来出してないからたから多分見るの初めてだ。

geveyultra_04
純正のSIMトレイの代わりに差し込む。

geveyultra_05
キレイにはまりました。
最初キレイにうまくはまらなかったのですが、一度抜いて刺し直したらちゃんとハマりました。

SIMに下駄を履かせてるので若干きつい分、少しのズレでキレイに入らなくなるみたい。うまくはまらないときはそのまま無理せず一度抜いて改めて刺し直すようにした方が良さそうです。
特にSIMを載せている下駄基板の部分は薄いシートなので無理すると簡単に壊れそう。

後は公式サイトの手順に従い「おまじない」を。

geveyultra_07
「おまじない」に失敗?するとこんな画面が。難しいわけではないですが、「おまじない」中に宅配便来たので・・・
こうなったら電源切ってやり直し。

geveyultra_08
docomo認識キター!!

非脱獄なので電源切る度に「おまじない」が必要で少々面倒なんだけど、脱獄すればこれは自動化できるんだよなあ・・・

実際に電話としても使ってみて、ちゃんと電話できることを確認。
APN等は設定していないのでパケットを使っちゃう心配もなし。安心の通話専用仕様です。
(ネットワークはGalaxyNote SC-05Dのテザリングで使うので不要)

GEVEY下駄でb-mobileやIIJmioのSIMを使う人は多いのですが、通話用にGEVEY下駄を使う人があまりいなかったのでちょっと心配でしたが、うまく行って一安心。
後はi-Mode.netを申し込んでやれば、i-Modeメールも使えるiPhoneにできそうです。

iPhone4の場合はiOS5以降にしちゃってると下駄でも他社SIMは使えない(iPhone4Sなら5.1.1対応の下駄があるようですが4S専用らしい)、しかもOSのバージョンダウンはできない、と使える方は限られちゃいますが、もし使えるなら2年縛りが解けたらSIM下駄でと言うのはアリですね。

これで3台体制から2台体制にシフト可能になりました。
前は4台体制だったことを思えば持ち歩きがずいぶん楽になります。
月額費用についても、iPhoneが9月には縛り解けますから解約すれば一気にお安くなりますよ、ということで一応は通信費用削減に加えて端末削減を達成できそうです。

まあそういいながらiPhone5が出たらまた悩みそうですがw

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
にほんブログ村


Related Articles:

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>