« | »

2012.06.21

自炊電子書籍の読書が楽な縦開きGalaxyNote用ケース到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自炊電子書籍の読書が楽な縦開きGalaxyNote用ケース到着
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

頼んでいたGalaxyNote用ケース「GALAXY NOTE CASE MASSTIGE STRIPE PRINT FOLDER」、半月以上かかってようやく到着しました!!
・・・遅すぎる。
朝に頼んだ商品が夜に届いてしまうAmazonプライムが異常といえばそうなんですが。

GalaxyNote_SC-05D_Case1
何はともあれ、届いたので早速装着、1週間ほど使ってみたんでレビューなんぞを。

まず、このケース、変なズレや遊びもなく、きっちり装着できます。 質感も悪くない。変なにおいもなく、かすかに革のにおいのみ。なかなか高級感があっていいですね。

ぴったり。専用だから当たり前?

GalaxyNote_SC-05D_Case3
待望のカード入れ。結構深いのでポロリもなし。 ちょっと出しにくいかな。
定期は画面側カバーを閉じた状態で表側をタッチ部に当てて自動改札通れます。

純正ケースでありがちな音量ボタン誤爆もなし。 切り欠きはぴったりで押しにくい等もナシ。 ふたの固定は金具とかではなく型でハマる形だけど、USBコネクタをちゃんと覆いつつ片手でも開けられる絶妙なフィット感。 USBコネクタ覆ってるんで閉めた状態では充電不可だけど。

きっちり覆ってくれる。


縦開きなので本を読むときも邪魔にならずしっかり持てるので、読みやすい。
指が反対側まで(なんとか)届く。

ということで個別に見ていくといいケースなんだけど、いざ使い始めると少々微妙なところが3点ほど。

1、閉じた状態ではイヤフォン使用不可
ちゃんと音量ボタン切り欠いてあるのにイヤフォン穴がないので閉じた状態では意味がない。 まあイマドキはBluetooth使えってことなんだろうけどね・・・。

2、カメラが使いにくい
フラップは上に開くんだけどカメラカバー兼ねてるせいでカメラが使いにくい。
フラップは手前の方がいいんだけど、そうするとペンが出しにくくなるのでこうしたのかな。


フラップ折りたたむのは使っていたら柔らかくなったけど、撮影にはやっぱりしっかり押さえないとダメ。
この状態でシャッター押すのはかなり難しいような・・・

3、バンドは微妙。
このバンドは使いやすいんだけど、自由度がまったくなく手が固定されてしまうので届かないときに持ち位置替えて、ということはできません。 また、バンドで裏に指が密着するんですが、本体の熱が直接伝わるのでなんか暑い。これから暑くなるのに
少し指を浮かせたくてもバンドで固定されるんでそれも不可。

下に向けても落ちないレベルで指に固定される。ぶっちゃけ痛い

あと、ただのゴムバンドなので、端が伸びてきて ビロビロになったらかっこ悪いだろうな。

ストラップ穴はないのでバンド頼みなんだけど、安心感はストラップかなあ。 ワンセグ用の切り欠きとかいらないから、ストラップ穴付けてくれればいいんですけどねえ。


SC-05D対応の証?ワンセグアンテナ対応。
アンテナ伸ばしたのは購入後2回目。そして例によって繋がらねえ。
ワンセグ、いりません・・・

ということでストラップをどうにかできないか思案、スピーカー穴のネットを取り除いて装着しました。


ネットは金網かとおもいきやただの網。引っ張れば取れます。


これでバッチリ。ちなみに熱対策?として裏蓋は付けずに、カバーをそのまま付けています。
ストラップがついて一気に好みになりました。定期が入って、縦開きで読書も楽。
やはりケースが好みだと持ってて使いやすいし、楽しいです。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
にほんブログ村


Related Articles:

 

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>