« | »

2009.02.07

LOOX U/C30Nの液晶解像度変更するとこんな感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - LOOX U/C30Nの液晶解像度変更するとこんな感じ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

LOOX U/C30Nの液晶はドットピッチがやたら細かいせいか、ノートの液晶と思えないほど解像度変更に対応できます。
そのため、液晶が小さくても用途に合わせて解像度を変更するという技が使えます。
私の場合、液晶解像度は3パターンを使い分けてます。
手で持って使うときは目に近いので、標準の1280×800か1024×600。
机において使うときは1024×600と800×480を使い分けています。
使うのは1024×600が多いかな・・・Netbookでの標準的な解像度ですね。
800×480は「EeePC4G-X」あたりと同じで、Fiva102より狭いというのは流石にきつい感じがしますが、テキスト打ちとかなら問題なし。
文字が大きいので疲れにくいし。
これらの解像度、標準搭載のFujituDisplayManager登録しておくと液晶下の「+」ボタンで解像度切り替えできます。
プリセットで切り替えができるので便利。
でも、時々液晶下のボタンが反応なくなるのが玉にキズ。DisplayManagerを「ShortcutExecutor」でショートカット登録して呼び出した方が早い。

FujituDisplayManager。
手で持ったとき、机に置いたときなど、その時々のシチュエーションに合わせ解像度を変えることができるのは思いのほか便利で、液晶のサイズそのものが小さくても結構実用性は高いです。
それぞれの解像度でどんなもんか、写真とってみました。
上から1280×800、1024×600、800×480です。

アイコンとかはこんな感じ。
同じく上から1280×800、1024×600、800×480です。ちょっとわかりにくいですが、横にあるのがスタイラス。 先端は太目のボールペンくらい。
流石に1280×800は小さいです。それでもクッキリしてるんでなんとか読める。すごい。
あと、800×480まで落としてもあまりにじんだりはしていません。1024と800の大きさの差が写真だとわかりにくいですがそれは腕の問題ですorz

富士通 FMV-BIBLO LOOX U/C30 FMVLUC30
Amazonで詳しく見る by G-Tools

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ
にほんブログ村


Related Articles:

 

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.